SALE時の割引率がすごい

70年代のバルサのもっとも象徴的な選手の一人だった。 バルサの最も偉大な選手の一人。 エバリスト・デ・マセド(ブラジル、リオ・デ・ジャネリロ、1933年生)は、その傑出したゴール能力の高さで、かつてない最高の外国人選手と歌われた。 エウロヒオ・マルティネス(パラグアイ、アスンシオン1935年 – カレラ1984年)は、225試合中168ゴールをマークした最高のストライカーの一人だった。

Amazon - NIKE(ナイキ) FCバルセロナ ホームユニフォーム 2017/18 FC ...

オリベラ (バルセロナ 1936年生)は、クラブ史におけるもっとも偉大なキャプテンの一人であり、バルサのユニフォームを着て数多くの試合(500試合)に参戦した選手でもあった。 バルサの心臓であり、チームを支える副主将です。 ちなみに余談ですが、アビさんの肝臓に腫瘍が見付かって明日でちょうど1年となります。 クラブ運営の理想形のように語られるソシオ制度ですが、収入という観点では大きなメリットが得られる制度ではないということが分かります。

ルイス・スアレス(ラ・コルーニャ 1935年)は、スペインサッカーの偉大な師と考えられており、同時に50年代後半のバルサのスター選手の一人でもあったが、彼の最盛期は残念ながら、スアレスがバルサを去った後に訪れたのであった。 キメット’ リフェ (バルセロナ 1942年)は、バルセロナのユニフォームを数多く来た選手の一人であり、通算、535試合に出場した。

クライフ (アムステルダム、オランダ、1947年)は、世界最高の選手であり、当時は世界一だと考えられていた。 コクシス(ハンガリー、ブダペスト1929年―バルセロナ1979年)は、1956年当時、既にスター選手としてのポジションを築いていたが、ソビエト連邦の蜂起により、ハンガリーから逃亡した。 クバラはハンガリーから逃亡し、バルセロナまでやってきた。 ‘偉大なキャプテン’の別称で知られたセガラ(バルセロナ、 1927年 – タラデル、 2008年)は、FCバルセロナ史の中でも、最もカリスマあふれる選手だった。

%link%詳細については、当社のウェブサイトをご覧ください。