Our History, Our Future

Raven (Corvus corax)

‘ターザン’ ミゲリ (セウタ 1951年)は、バルサ史上、最も数多くバルサカラーのユニフォームを着た選手 (664試合)であり、もっとも優れたセンターバックの一人でもあった。 クランクル (オーストリア、ビエナ、1953年) は、バルサ史に最高のストライカーの一人として記されているが、また、同時にファンから非常に慕われた選手でもあった。

また、シュート能力も高く、両足、ヘディングでゴールを決めた。 2011年のクラブ総会で、賛成多数で契約が決まり、5年半で1億7000万ユーロ(約230億円、年間約40億)のスポンサー収入を得ることに。 PUMAでは2015-16シーズンで投入したテンプレート以来、肩から袖口にかけて太い線を引き、太い線の中央部にPUMAロゴを添えたものが継続して採用されてきた。 キメット’ リフェ (バルセロナ 1942年)は、バルセロナのユニフォームを数多く来た選手の一人であり、通算、535試合に出場した。

コクシス(ハンガリー、ブダペスト1929年―バルセロナ1979年)は、1956年当時、既にスター選手としてのポジションを築いていたが、ソビエト連邦の蜂起により、ハンガリーから逃亡した。素晴らしいクオリティのミッドフィルだーだったベルナン・シュスター(ドイツ、アウグスブルグ、1959年)は、80年代、バルサの強力な助っ人となった。 アセンシ(アリカンテ 1949年)は、非常によく働くミッドフィルだーであり、素晴らしいチームの心肺機能だった。

キニ (オビエド、1949年)は、 その素晴らしいゴールスコアの成績ゆえに‘ブルッホ’(魔法使いの意)と呼ばれた。 クライフ (アムステルダム、オランダ、1947年)は、世界最高の選手であり、当時は世界一だと考えられていた。 まず公営放送テレ・マドリーによるインチキ報道については、「相手が僕らに敬意を欠くのなら、僕らも黙ってるわけにはいかへんよ。彼は、いわゆる‘ラインをマークする’選手であり、タフで攻撃的なだけでなく、規律正しく、安定した選手であった。

忘れがたきウルッティ(サン・セバスティアン1952-バルセロナ2001)は、クラブ史上、最も偉大なGKの一人であり、1984‐85年の大成功を収めたシーズンのキーマンだった。 サドゥルニ (ラルボス、バイシャ・ペネデス1941年)は、偉大なGKラマジェッツの後継者であり、多くの選手が彼と競っていた。 70年代のバルサのもっとも象徴的な選手の一人だった。 この2日間は練習もないということで、メジャー選手たちはちょこちょことスポンサーイベントに顔を出していまして、昨日はチャビ・エルナンデスがGPSで有名なGARMINのイベントに出席。

その他の興味深い詳細バルセロナ ユニフォーム 本物は、当社のウェブサイト上で見つけることができます。